教材販売/追加料金/電話勧誘などはない、純粋な家庭教師派遣を行っております。料金は入会金と受講時間分の授業料のみです!
受験アドバイス
1、入試までの勉強方法(入試1週間前)

@今までにやった問題集の復習
今までにチャレンジした問題で出来ないった問題や先生に「復習しなさい」と言われた問題を自力で解けるように練習する。

A塾や家庭教師の先生に教えてもらったメモがあればもう一度見直す
傾向をつかんだアドバイスなら出題される可能性が高いよ。そういうものがない場合も、自分で覚えるためにメモしたものをもう一度見直しておいて、うろ覚えのところがあればしっかり暗記する。

B学力テスト等の復習
中学3年生なら学力テストA,B,Cや、塾のテストがあるはず。高校生でも模試や過去問があるよね。そこから、自分が不安なところだけをもう一度解く。間違った場合は解答を見て理解したあともう一度解く。そして次の朝ちょっとした時間にもう一度解答を目で見てなぞる。

<Point>
今考えてもさっぱりわからない問題はもうあきらめておいて置く。「これなら解けたのに!」と後悔しないようにうろ覚えを絶滅させ、完璧にする。

2、試験会場での心構え

@ 残り1秒まで復習せよ
試験が始まる直前まで、テキスト・問題集やノートを見直そう!見直した中から問題が出るかもしれないよ。

A シャーペンに芯は入っているか?鉛筆は削ったか?
力んでも大丈夫なように、鉛筆がのぞましいと言われるが、普段、使っているシャーペンの方が書きやすい、という人は芯が入っているか確認しよう。また、詰まる事もあるので、予備をお忘れなく。

B トイレは大丈夫?
万が一試験中にトイレに行きたくなったら困るから、こまめに行こう。コーヒーや紅茶は、「おしっこしたくなるエキス」が入っているので入試の日は控えた方が良い。(カフェイン)

C さあ、いざ試験!
使う鉛筆に魔法をかけよう。数字で「5」を書く。

「五を書く」→「ごをかく」→「ごおかく」→「合格」
3、試験中の心構え

@ まずは平常心を作ろう
解答用紙が配られたら、受検番号などを書く前に一度ゆっくり深呼吸して周りを見回す。(キョロキョロはしないこと)そして、「みんなあわてて受検番号を書 いているけど、私は落着いている。他のみんなよりいい精神状態で取り組めている。」ということを確認して、ニコッ(^ ^)とする。それからゆっくり受検番号や学校名を書く。ひたすらリラックスしましょう。

A 自分のペースで取り組もう
試験が始まると、周りの鉛筆のカリカリする音が気になるかも知れませんが、自分のペースで解く事を忘れてはイケません。落着いてやりましょう!ただし、終了間際のラストスパートと、見直しは忘れないように。早く終わっても決して寝ないでね。

B 30秒考えたら次へ
30秒考えて解法が浮かばない場合は、どんどん先へすすもう。次の問題にヒントがある場合もあるんだよ。

C 答えはひとつ(真実はひとつ)
( )に2つ答えを書いたらだめ、答えはひとつのみ。不安でもどっちかにしないとダメ。迷ったら最初に書いたほうにした方がよい。信じられないが、テストの採点をしていると答を2個書く人がいるんだよ。

D空欄は絶対に埋める
もったいないから、それっぽい言葉を入れておこう。ひょっとしたら正解かもしれない。記号問題を埋めないのはもってのほか。記述でも提出時には何かを書いておく。指定語句をつなげて文章にするだけでも可能性はあるよ。

<最後に>
入試には1問か2問難しい問題が入っている。最後の5分になったら難しい問題に時間をかけるより、解けた問題を見直して確実に得点したほうが良い。時間があまって本当に何もすることがなくなっても、周りへのプレッシャーの意味も込めて、鉛筆の音はさりげなく コツコツッと・・・。ね!?

E答え合わせはしない
試験後すぐに答え合わせをする人がいますが、出してしまったものはもう遅いよ。だから、答え合せをする時間があったら次の教科の準備をしようね。周りの人の答え合せが聞こえてそれが自分と違う答えだったら、「彼らは間違っている!」と思おう!会場では自信過剰でね!

4、こんな失敗はダメ

@ カツはやめたほうがいい
胃にもたれるものは基本的にだめ。頭の回転が鈍くなる。

A 「はし」はお忘れなく
意外と忘れやすいのが「はし」です。

B 「消しゴム」は2号も持っていく。
消しゴムはどこかに去っていくかもし れないので2個は要したい。なければ、1つを切って2個にしておく。分裂するときに染色体も出てこないけど同じ消しゴムの効果はあります。

C 暑さ寒さに対応できる服装で
過去、教室が暑くて「鼻血」を出す生徒もいます。だから、体温の調節のできる服装でいこう。

D 前の日は寝る
極端に早く寝ろとは言わないけれど、なかなか眠れない事もあるので、少し早めに寝よう!もし、眠れなくても焦る事は無いよ。万が一眠れなくてもきっと無意識のうちに寝ているはず。大丈夫!(^ ^)

5、入試後の過ごし方

@ 寄り道をしないでまっすぐ帰る。
家に帰って「ただいま」を言うまでが入試だよ。

A まずは思いっきり休もう
まずは休もう。だけど、何日もボケーとしていたら、ダメだよ!次の入試がすぐに控えているからね。